FXXM

XMに入金できないときに使える14の解決策と入金時に注意したいこと

投稿日:

XMに入金できないときは、銀行口座やクレジットカードに問題があったり、入力内容が漏れているケースがほとんどです。国内FX業者と仕様が異なる点も多いため、銀行口座やカード選びは慎重に行ってください。

今回は14個の原因と解決策をお伝えしますので、一つひとつ対処していけば解決できる可能性が高まります。ぜひ最後までご覧ください。

XMに入金できない原因と14の解決策

no-payment-01

XMに入金できない場合、次のような原因が考えられます。

  1. XMの口座名義と銀行名義が違う
  2. 最低入金額の条件に合っていない
  3. 口座IDの入力が漏れている
  4. 利用できないクレジットカードを使っている
  5. クレジットカードの残高が足りない
  6. クレジットカードの有効期限切れ
  7. XMの口座名義とクレジットカードの名義が違う
  8. クレジットカードの入金制限にかかっている
  9. バーチャルカードを利用している
  10. 居住国とは異なる国から入金している
  11. 居住国とは異なる国で発行したクレジットカードを利用している
  12. クレジットカード情報の入力内容に誤りがある
  13. デジタル決済の残高が不足している
  14. デジタル決済の入力内容に誤りがある

上記の原因は14個で、しらみつぶしに原因を探っていけば入金できない問題も解決できるはずです。以下で原因の詳しい解説と解決策をお伝えしてます。

XMの口座名義と銀行名義が違う

XMに入金できない原因は、XMに登録した口座の名義と銀行名義が異なることが挙げられます。解決策としては、それぞれの口座を統一することです。

名義が異なることで入金できないのは、XMがマネーロンダリング対策を強化しているからです。銀行入金を利用する場合は、事前に名義情報をよくご確認ください。

最低入金額の条件に合っていない

XMが設定する最低入金額の条件に合わなければ銀行入金を行うことはできません。条件を満たす入金額を用意して解決をはかりましょう。

国内銀行から振り込む場合、最低入金額は1万円です。海外送金で入金するなら、最低入金額として2万円以上の資金を用意してください。

口座IDの入力が漏れている

銀行入金を行うときは、振込人名義に口座IDを付け足すのを忘れないようにしましょう。

XMの銀行入金時の振込人名義は、氏名と口座IDで記入することがルールです。たとえば、「KOICHI TANAKA 123456」というように記載します。入力漏れがあると確認のために連絡が来ることもありますが、最悪の場合は入金できないこともあります。

利用できないクレジットカードを使っている

クレジットカード入金の場合、国際ブランドによっては入金できないトラブルが発生してしまうことがあります。よって、XMで利用できないクレジットカードは使わないようにしてください。

XMの入金に対応していない国際ブランドは次の通りです。

  • マスターカード
  • アメリカンエクスプレス
  • ダイナーズカード

一方、VISAやJCB、Maestroの国際ブランドは問題なく利用できます。複数のFX会社を利用している方は、あらかじめ使用するクレジットカードの国際ブランドを統一しておくことをおすすめします。

クレジットカードの残高が足りない

クレジットカードの残高不足や利用限度枠を超えて入金しようとしている場合、XMに入金できません。事前にクレジットカードの残高を確認しておくことが解決策です。

FXでそれなりの利益をあげるには、少なくとも10万円以上の資金を確保しておきたいところです。証拠金を増やすために入金する機会も多いため、残高に余裕のあるクレジットカードを選びましょう。

クレジットカードの有効期限切れ

クレジットカードの有効期限が切れている場合は入金ができません。残高不足で入金できない場合と同様、クレジットカードの情報は事前にしっかりと確認しておいてください。

XMの口座名義とクレジットカードの名義が違う

XMの口座名義とクレジットカードの名義が異なる場合、入金できないトラブルが発生します。銀行名義も同じことがいえますが、名義はすべて統一するようにしましょう。

背景にマネーロンダリング対策があることはいうまでもありません。最近では、FX業者の多くがマネーロンダリング対策を強化しています。

クレジットカードの入金制限にかかっている

XMで利用できる国際ブランドでもカード会社によって海外FX業者での利用が禁止されている場合、入金できない可能性が出てきます。対策としてはほかのカード会社のクレジットカードを使うか、銀行入金などに切り替えるしかありません。

金融庁の圧力が日増しに強まるなか、特に日本で発行されたクレジットカードは入金制限がかかっていることが多々あります。入金画面でエラー表示が出る場合、なんらかの入金制限がかかっている可能性が高いでしょう。

バーチャルカードを利用している

XMでは、バーチャルカードを使って入金することはできません。現物のクレジットカードを利用するか、別の入金方法に切り替える必要があります。

バーチャルカードが禁止されている理由は返金ができないからです。XMは入金時にクレジットカードの返金可否をチェックしており、返金できないカードはすべて入金不可として拒否されます。

居住国とは異なる国から入金している

XMでは、居住国と異なる国からの入金は拒否されるため、必ず現住所と同じ国から入金を行ってください。

ただし、必ずしも入金できないわけではありません。海外から入金する場合でも、XMから送られてくる本人確認メールを確認し、必要な書類を発送すれば認められることもあります。

居住国とは異なる国で発行したクレジットカードを利用している

居住国と異なる国で発行したクレジットカードを使うと、入金できない可能性があります。解決策としては、追加の本人確認書類を送るか、居住国と同じ国で発行したクレジットカードを使うようにしましょう。

クレジットカード情報の入力内容に誤りがある

入金時にクレジットカード情報の入力内容に誤りがあると、処理されないことがあります。基本的には誤記エラーとして返ってくるため、内容を訂正して再申請してください。

デジタル決済の残高が不足している

bitwalletやSTICPAYなどのデジタル決済で入金を行う場合、残高不足があると入金できないトラブルが発生しがちです。必ず事前に残高を確認するようにしましょう。

デジタル決済の入力内容に誤りがある

入金時にデジタル決済の入力内容にミスがあると、入金できないことがあります。内容を訂正すれば再申請することもできるため、漏れのないように注意してください。

XMの入金時に注意したいこと

no-payment-03

XMの入金時は、入金できないトラブルのほかにも以下のような点に注意しましょう。

  • 海外送金以外の出金は利益が引き出せない
  • XMで利用できない銀行が存在する
  • 対応外のクレジットカードでも入金できるが手数料が高い

XMに入金できないのは銀行口座やクレジットカードなどに不備があることも珍しくありません。しかし、システム上の問題で入金にトラブルが発生することもあるため、以下をよくご確認ください。

海外送金以外の出金は利益が引き出せない

XMでは出金時に海外送金以外の方法で利益が引き出せないようになっているため、入金を行う際は出金時のこともよく考えておきましょう。

たとえば、クレジットカードで10万円を入金したとしましょう。取引を進めるうちに1万円の利益が出て、口座には11万円の資金が集まりました。しかし、クレジットカード出金は入金と同じ金額の出金しかできないため、利益を除いた10万円しか引き出すことができないのです。さらに、出金方法は入金方法と統一する必要があることもルールとして定まっています。

一方の海外送金(電信送金)で出金する場合、利益も含めたすべての資金を引き出すことができます。もちろん利益を引き出したいのは当然なので、入出金は銀行を使うことをおすすめします。

XMで利用できない銀行が存在する

XMの入出金には銀行が向いていますが、利用できない銀行もあるので注意してください。

XMで利用できない銀行は以下の通りです。

  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店)
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行
  • じぶん銀行
  • 新生銀行

資金の移動は海外送金となるため、海外送金サービスに対応していない銀行は利用することができません。ネット銀行の多くは対応していないことが多いので気を付けてください。

対応外のクレジットカードでも入金できるが手数料が高い

XMに対応していないクレジットカードで入金する際は手数料に注意しましょう。

実はアメリカンエクスプレスやマスターカードなど、XMに非対応の国際ブランドでも入金はできます。bitwalletやSTICPAYなどを経由すればよいだけです。ただし、bitwalletの場合は入金額の4~5%、STICPAYは3.85%と高額な手数料が発生します。

まとめ

今回は、XMに入金できない14個の原因と解決策をお伝えしました。

入金できない原因として、クレジットカードや銀行口座になんらかの問題を抱えていることも少なくありません。なかには対応していないサービスなどもあるため、事前に利用する銀行やクレジットカード、デジタル決済の種類を選んでおきましょう。

-FXXM
-

Copyright© XMレポート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.